肺の機能を高めるためには

普段、私達は何も意識せずとも呼吸をしています。
その呼吸をしてくれているのが、言わずとしれた肺です。

 

私達の中にあり、常に生きるために呼吸をしている肺。
この部分について、あなたはきちんと気を配れていますか?
肺の持つ機能を高めることができれば、より私達は健康的に生活することができるのです。

肺の機能とは?

肺の機能は簡単に言うと体の中にあるガスの交換をすることです。
私達の体は常に酸素を必要としています。そして使われた酸素は二酸化炭素となります。
この酸素と二酸化炭素のガス交換をしているのが肺なのです。

 

主に鼻や口から取り入れられた酸素は肺へと送られ、
心臓からの静脈血中にある二酸化炭素と取り入れた酸素を交換しているのです。
そして交換された二酸化炭素はそのまま呼気として体の外へと吐出されていきます。
これが呼吸であり、この機能こそが肺機能なのです。

 

ちなみに、肺は空気を一定量貯めこむこともできます。
そのため、魚などの水中に暮らす生き物の中にはこの肺が浮袋に変化したものを持っていることもあるのです。

肺機能を高めるためには?

この肺機能を高めるために一番よいとされているのが有酸素運動です。
有酸素運動をすることにより、適度な負荷を与えると
心臓や肺といった心肺機能を高めることができるのです。

 

適度な負荷がかかると心臓は心筋が発達して強くなっていきます。
またそれにプラスして冠状動脈と呼ばれる心臓に酸素を供給している血管も太くなり、
より効率的に私達の命である心臓へ酸素を送り込むことができるようになります。

 

中でもオススメとされている有酸素運動は水泳。
顔を出したときに思い切り息を吸って水中にいるときに吐き出す、ということを繰り返す
水泳を日常的に行うようになると肺機能を高めることができ、心臓病などの疾患を予防したりできるようになるのです。

 

逆に肺機能が低下してしまうと、気管支系の病気にかかりやすくなったり呼吸困難に陥ってしまうこともあります。
ぜひ、自分の肺機能を意識し、それを高めるような生活を送りましょう。

 

それが自分の体を強くすることにもつながるのです。

おすすめ健康関連サイト

慢性疲労の原因と改善方法・・・慢性的な疲れに悩んでいる方はこのサイトをチェック!!
更新履歴