タバコと肺ガンの関係

最近、このような説を見たことはありませんか?
「喫煙率は減っているのに肺ガンが増えているのは、タバコと肺ガンが関係ない証拠だ」
確かにぱっと考えると「そうかもしれない」と思うでしょう。

 

でも、そんなことはありません。
タバコはやはり、肺ガンのリスクを高めるものにほかならないのです。

 

 スポンサード リンク

なぜ喫煙率は下がっているのに肺ガンは増えているのか

喫煙率は1966年がピークであり実に日本人の83.7%が喫煙していたといいます。
それから約40年たった2011年には33.7%まで減少しました。
一方、肺ガンは1958年には2919人だったのが、2010には50395人にまで増えました。

 

これはなぜなのでしょう。

 

原因はタイムラグと高齢化にあります。
まず第一に近代の日本は急激に高齢化が進んでいます。
高齢になればその分がんも発症しやすくなります。
喫煙率がピークであった1966年に20歳だった人は2010に64歳になります。

 

また、がんを発症するにはタイムラグがあります。タバコを吸ってすぐにがんになるわけではありません。
吸い続けて有害物質が溜まり続けてがんになるのです。

 

そのタイムラグはおよそ30年。
そう考えると今、肺ガンが増えているのにも納得がいきますよね。

実際には減っている肺ガン

高齢化のことなどをふまえて考えていくと
肺ガンは少しずつではありますが、減ってきている状況にあります。

 

喫煙率、タバコの一人あたりの消費本数、肺ガンの年齢調整をした
死亡率(人口10万対)を計算すると、喫煙率が下がるのを追いかけるように肺ガンも減ってきているのです。
これはアメリカも同じような状態にあり、喫煙率が減ったのを追いかけるように肺ガン死亡も減ったといいます。

 

いかがですか?
やはり、タバコは肺ガンの発生率を高めるものであるという認識ができますよね?
タバコは百害あって一利なしと言われるものです。
ある意味麻薬でもあるタバコ、これを吸えば吸うだけあなたの肺は破壊され、肺ガンも起こしやすくなってしまうのです。

スポンサード リンク