肺機能障害とは

肺機能が低下すると肺機能障害が現れます。
息を吸ったり吐いたりという私達が生きていくうえでは非常に重要になる臓器である
肺に現れる肺機能障害にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 スポンサード リンク

拘束性障害

息をいっぱいに吸い込み、そしてすべて吐き出したときの差、これが肺の空気の最大量となります。
これがいわゆる「肺活量」です。

 

そしてこの肺活量が年齢と体重から見た
正常値の80%よりも下になったとき、肺機能障害と診断され、
その中でも「拘束性障害」というものを持っていることになります。

 

拘束性障害は肺が本来持っている伸び縮みの機能が損なわれることであり、
肺に出入りすることができる空気の最大量が低下します。

 

考えられる病気としては肺が硬くなる病気である「肺線維症」などが挙げられます。

閉塞性障害

肺機能障害のうち「閉塞性障害」は、息を吐き出しにくくなるという肺機能障害です。

 

喘息、COPDや肺気腫といった病気になった場合、
空気の通り道である気管支などが狭くなり、息を吐き出しにくくなるのです。

 

肺機能検査の中にある1秒率と1秒量はこの「息を吐き出す機能」を見ているものであり、
この数値が正常値の70%以下になる場合は閉塞性障害と診断されます。

 

1秒率は1秒間に肺全体の何%の空気を吐き出すことができるのか、
1秒量が肺活量の何%の空気を1秒間に吐き出せているかを見る数値です。
そして閉塞性障害になると狭く細い気管支(約1mm程度)が閉塞してしまい、息を吐き出しにくくなってしまうのです。

混合性障害

拘束性障害と閉塞性障害を両方共持っている場合には混合性障害と診断されます。
混合性障害となると、肺機能もかなり低下している可能性があります。

 

肺機能が低下するということはそれだけ息をしづらくなり、
息をしづらくなるということは、それだけ体に酸素が行き渡らなくなるということを指します。

 

私達の体は酸素がなくては生きていくことができません。
健康的な生活をするためにも、肺機能障害にかからないように注意していきたいものですね。

スポンサード リンク