肺機能検査とは

肺機能が現在どの程度なのか、というバロメータが知りたい!
という人は肺機能検査を受けてみましょう。
息を吸ったり吐いたりすることで、自分の肺機能がどの程度なのかということを知ることができます。

 

 スポンサード リンク

検査する項目とそのやり方

肺活量

よく聞く名前である肺活量。この検査では空気を目一杯吸って
それをゆっくりいっぱいになるまで吐き出したときの量を調べるものです。
正常値(年齢と体重から計算)の80%以上が正常値、それ以下は肺機能低下となります。

 

努力性肺活量

肺活量と同じような名前ですが、こちらは吐き出す際に思い切り勢い良く吐き出したときの数値を見ます。
ゆっくりと吐き出す肺活量の検査とは違い、多少苦しさがあるかもしれません。
ちなみにゆっくり吐いたときよりも勢い良く吐いた時のほうが量が少ない場合は喘息が疑われます。

 

1秒量

努力性肺活量検査で1秒間に吐き出すことができた空気の量を示します。
この量が少ない場合、気管支が何らかの理由によって狭くなっている可能性があります。

 

1秒率

1秒量÷努力性肺活量という計算式で出した%です。
70%以上で正常、それ以下は肺機能低下状態となります。
この1秒率は喘息、COPDといった肺の病気を見つけ出すための指標となっているものです。

 

拡散能

体に酸素を取り込む力がどの程度あるのかを調べるものです。
専用の機器が必要になりますが、COPDや間質性肺炎といった病気を
見つけ出すために有効なものとなっています。ちなみに、この数値は喘息で下がることはありません。

 

肺機能検査で使う機器

肺機能検査で使われる機器はスパイロメーターといいます。
口に当てるマウスピース部分が機械につながっていて口から息を吐き出すことで数値を測定します。
その際、息が鼻から漏れることがないよう、ノーズクリップを着用することになります。

 

-----
このようにして肺機能検査は行われます。
初めて肺機能検査を受けるとなると緊張するかもしれませんが、
自分の最大限を出さなくてはならない時でもありますので、技師の指示に従って正しく検査するようにしましょう。

スポンサード リンク